医療関係者イメージ

HIV検査の方法

HIV検査は血液を採取しておこなわれます。保健所での検査では、腕の静脈から注射器で一定量の血液を抜き取って、それを試験官に入れ、検査に回します。通信販売による検査キットでは、針を指などに刺してにじみ出たわずかな血液を使って検査します。医療機関は、それぞれです。保健所での検査は無料で受けられます。しかもHIVだけでなく、肝炎や梅毒などの性病の感染の有無も検査できます。検査の予約をとるところから、検査結果を聞くところまで、完全に匿名で通すことができます。連絡は検査希望者からしかおこなわないシステムになっていて、保健所では検査に来る人の名前も住所も電話番号もわからずじまいです。すべて、電話予約の際に割り振られた番号で管理されます。保健所に足を運ぶのは、採血のためと検査結果を聞くための計2回です。匿名ですから、遠くの保健所で検査することもできます。通信販売で検査キットを入手し、調べる方法では、検査キットの受け取りがコンビニでもできるため、自分の住所も名前も知らせずに検査を受けることができます。こちらは有料となります。病院では匿名というわけにはいきませんので、感染の有無を調べるためだけなら、匿名が通せる、保健所や通販キットでの検査が望ましいかもしれません。それで検査が敷居の低いものとなり、より早く調べることが可能になるかもしれないからです。HIVに感染しても、一生薬を飲み続けさえすれば、死に至ることはありません。天寿をまっとうできます。しかし、感染に気づかず、薬を飲まずにいたら、免疫細胞は破壊され続け、取り返しのつかない事態となります。早期発見は非常に大事なことです。感染の可能性がある場合は、少しでも早く検査を受けるべきです。他の性病に感染したことがある場合、HIVへの感染率も高まると言われています。感染者数が多いヘルペスやクラミジアなどに感染した心当たりがあるならHIV検査もしましょう。またヘルペスに感染した場合は、バルトレックスで直ちに治療する必要があります。早期発見し、早期治療することが何よりも重要ですので常に性病には気を付けましょう。

HIV検査をするには

HIV検査をするには3つの方法があります。保健所での検査、通信販売で検査キットを購入して自宅で採血する方法、医療機関での検査、の3つです。保健所での検査と検査キットでの検査は完全な匿名でおこなえます。保健所の検査は無料で、検査キットと医療機関での検査は有料となります。検査だけなら、匿名性が確保されていて、敷居の低い保健所か、検査キットによる方法が望ましいかもしれません。なるべく早期に調べることが最も大事です。病院では匿名というわけにはいきませんから、検査することを迷うケースもあるでしょう。保健所の場合は、地元の保健所でなくてもかまいません。遠方の保健所を利用することも可能です。保健所側は、名前も住所も電話番号も最後まで知らないままとなりますので、どこに住んでいる人でも検査が受けられます。保健所には、採血のときと、結果を聞くときの2回、足を運ぶことになりますが、匿名性を優先するなら地元でなくてもかまわないでしょう。ただ、保健所の検査には、注射針による肝炎の感染などを心配して来ている人もいますので、保健所内で職員以外の人と顔を合わせても気にする必要はないかもしれません。検査キットは数千円から1万円程度の費用がかかります。検査キットの受け取りは、希望するコンビニでもできますので、住所を伝える必要もありません。自分で針を指先などに刺して採血します。それをポストに投函し、到着後約3営業日後には結果をオンラインで見ることができます。この方法も、完全な匿名性が確保されるため、検査が受けやすくなっています。
感染の可能性を自覚しながら不安な日々を過ごしていても、どうにもなりません。検査を受けて、はっきりさせるべきです。早期発見がなによりも大事です。

HIV検査の費用とは

HIV検査とは、エイズ、正式名称は後天性免疫不全症候群のウィルスであるHIVに感染しているか調べる検査のことです。HIVを含んだ血液や精液、膣から出る分泌物、母乳などの体液が、相手の口の中やペニス、尿道、膣、直腸などの粘膜部分や傷口に触れることで感染します。HIVは空気中や水の中など体の外に出ると感染力がなくなる為、通常の生活で感染することはありません。HIVに感染すると、免疫力が下がり健康な人にはかかりにくい様な病気に感染してしまいます。この状態をエイズの発症といいます。現代の医療ではHIVを体内から完全に排除することはできませんが、増殖を抑えることはできる為、エイズの発症を遅らせることはできます。一般的なHIV検査は、血液中にHIVへの抗体が存在するか調べる抗体検査です。その他にも、早い時期から感染を確認するために、ウィルス遺伝子を調べるNAT検査やHIVを作るたんぱく質を調べる抗原検査、抗体と抗原どちらも測定できる抗体抗原同時検査などの方法があります。HIV検査を行う場所は病院だけでなく、保健所でも受けることができます。保健所ごとに異なりますが、月に何回か検査実施日があり、抗体検査で調べることがほとんどです。保健所の場合は、無料でさらに匿名で検査を受けることができます。病院で検査する場合は、抗体検査が一般的で、自分から受ける検査では保険適用外の為、3,000円~7,000円で受けることができます。医師の判断で検査が必要な場合は保険が適用されます。また、自宅で検査する方法もあり、2,500円~5,000円が検査キットの相場です。HIV感染は防げる病気です。普段からの健康管理と性行為時のコンドーム装着を必ず守って感染を防ぎましょう。

HIVStopのロゴ
  • 後天性免疫不全症候群は一般的には略称であるエイズ(AIDS)の名で知られています。性行為感染症の1つで、HIVに感染した人が後に発症した状態のことを言います。感...

  • 爪の根元には細菌が繁殖しやすいので、不特定多数のパートナーとセックスをしている場合などには、石鹸を使って、きれいに洗わなければなりません。HIV検査は保健所や、...

  • いわゆるエイズと言う病気に感染しているかどうかを確認する方法として、HIV検査というものがあります。この検査は血液を使って検査することになりますが、検査をする場...

  • HIVウイルスは、インフルエンザのような強い感染力はありませんが、HIV感染者と性的な接触をすると、感染する可能性がとても高く、感染すると咽頭炎になったり、関節...

  •  びらんは、皮膚がただれた状態を指します。これがひどくなると、潰瘍となります。びらんは入院するほど重い症状ではありませんが、HIVに感染すると、びらんが体のどこ...

  • 日本には、性感染症にかかって病院に通院している人が少なくないです。 性感染症の種類は様々で、日本人に多いのが性器クラミジア感染症です。 最近は、10代の患者も増...

  •  我が国では、HIV感染者もエイズ発症者も増えています。先進国で増えているのは日本だけです。わが国で感染者の調査が始まったのは1985年です。当時、HIVに感染...